メンズ

POSを使って従業員の勤怠管理|事業で有効活用

開業に必要となる資金

料理

ビジネスの流れが早くなった現代において安定した仕事というものは少なくなりました。将来性があると感じて入社した会社が経営難に陥って倒産してしまうパターンも存在するのです。今現在、安定した収入を得ている人は貯金をすると同時に副業や独立開業などの道も視野に入れておくと良いでしょう。自分の将来の選択肢や保険を広げておくというのはリスク分散にもなり安心感が生まれてくるのです。独立開業と耳にすると多額の資金が必要になるイメージですが、比較的少ない資金でスタートできるビジネスも存在しています。それがラーメン屋という独立開業の道なのです。このビジネスをするにあたって最も大切なのはラーメンが好きという気持ちですが、それと同時にしっかりとした情報収集も大事になってきます。
ラーメン屋の独立開業において最も気になってくるのは開業資金ともいえるでしょう。事業をスタートする場合は既に他のラーメン屋が撤退して使用されていない居抜き物件を使うのが効果的です。居抜き物件は調理器具や厨房器具などが多く備わったままになっているのでこのような設備投資の費用を大幅に抑えることができます。月額の家賃は約5万円なので年間で換算しても約60万円となっています。これに諸々の費用などが加算されていくのでトータルで必要な資金は100万円前後と見積もっておいたが方が無難です。調理免許なども特に必要なく、1万円を支払って1日で取得できる食品衛生管理者の資格のみが必要となるので、休日などを利用して取得しておきましょう。